「持続可能な森林経営」に向けた国際的な取り組みの変遷

「持続可能な森林経営」に向けた国際的な取り組みの変遷

レコードナンバー622364論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015842NACSIS書誌IDAN00198561
論文副題国際熱帯木材機関(ITTO)による1980年代および1990年代前半の活動とその意義
著者名田口 標
書誌名日本林學會誌 = Journal of the Japanese Forestry Society
別誌名日本林学会誌
発行元日本林學會
巻号,ページ83巻・ 1号, p.30-39(2001-02)ISSN0021485X
全文表示PDFファイル (1475KB) 
抄録森林をめぐる国際的な取り組みにおいては,1980年代前半から1990年代前半の間に,「持続可能な森林経営」がその中心概念となり,対象とする森林も熱帯林のみから世界のすべての森林へと拡大されるという枠組みの変化が生じてきた。国際熱帯木材機関(ITTO)は,熱帯林の「持続可能な経営」という概念を打ち出し,サラワク・ミッションの派遣,西暦2000年目標の採択などにより,「持続可能な森林経営」に向けた国際的な取り組みの先駆的役割を果たしてきた。その背景には環境NGOによる活動の影響があった。また,その過程で熱帯林のみに「持続可能な経営」を課すことの不公平性が顕在化し,温寒帯林においても「持続可能な森林経営」への取り組みが活発化してきた。ITTOによる熱帯林の「持続可能な経営」への取り組みの展開は,世界のすべての森林を対象とする「持続可能な森林経営」に向けた国際的な取り組みの端緒となったということができる。
索引語国際機関;森林;経営;国際会議;調査;変遷
引用文献数62
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat