デュアルフューエル・コージェネレーションシステムの基礎性能に関する研究

デュアルフューエル・コージェネレーションシステムの基礎性能に関する研究

レコードナンバー630093論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015617NACSIS書誌IDAN00201054
著者名石井 耕太
寺尾 日出男
朴 宗洙
書誌名農業施設
別誌名Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan
発行元農業施設学会
巻号,ページ88号, p.1-8(2001-03)ISSN03888517
全文表示
抄録本研究の目的は家畜糞尿・生ゴミのような有機廃棄物の嫌気性発酵から発生するバイオガスをエネルギーとして有効利用する技術で,バイオガスと軽油のデュアルフューエルでコージェネレーションシステム(以下CGS)を運転する場合,CGSの基礎運転特性とエネルギー効率を検証することである。バイオガスをディーゼル機関の燃料として利用する場合,バイオガス供給量,機関負荷,機関回転数をパラメータとした実験により,CGSの熱勘定の傾向と性能特性の資料を蓄積した。また,CGSの運転においてバイオガスの供給によって排気ガスから排出されるNOxと煙濃度の減少が認められた。CGSの回収熱効率は35~50%に達して,機関の正味熱効率と合わせた総熱効率は50~80%になった。しかし低負荷の場合(正味平均有効庄0.45以下)は供給メタンの未燃焼が発生し,これはCGS性能悪化の原因になると共に,CO2より数十倍強力な温暖化ガスの放出を意味するので,今後未燃メタンの低減対策が必要である。
索引語メタン;発酵;エンジン;性能;燃料
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat