貯蔵条件の異なるヒナガヤツリ(Cyperus flaccidus R.Br.)種子の発芽特性

貯蔵条件の異なるヒナガヤツリ(Cyperus flaccidus R.Br.)種子の発芽特性

レコードナンバー630180論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015078NACSIS書誌IDAN00097258
著者名佐合 隆一
松浦 瑠美子
松田 照男
書誌名雑草研究
別誌名Weed research
Journal of weed science and technology
日本雑草学会会報
発行元日本雑草防除研究会
巻号,ページ46巻・ 1号, p.37-40(2001-03)ISSN0372798X
全文表示
抄録ヒナガヤツリ(Cyperus flaccidus R.Br.)は一年生のカヤツリグサ科雑草でこれまでは本州,四国,九州に分布し,平地の川岸の草地や湿地,水田に生えるとされている4)。同じ一年生のカヤツリグサ科雑草であるタマガヤツリ(Cyperus difformis L.)は日本の主要水田雑草として記載され,その発生生態に関する研究が多く行なわれている1,2)が,ヒナガヤツリはこれまで主要な雑草としては取り上げられていなかった3)。本種は,近年水田内での発生が増加する傾向にあり,雑草害を生じる問題雑草として取り上げられている6)。著者らは,ヒナガヤツリが水田湛水後に土壌表面が露出している部分や水稲の生育中~後期の落水期頃から発生することを観察している。また,本種はスルホニルウレア系除草剤やピラゾール系除草剤に対する感受性が低いこと5,6)が水田での分布拡大の要因として考えられている。本研究では,ヒナガヤツリの有効な防除法を明らかにするために,ヒナガヤツリの発芽特性を検討した。
索引語カヤツリグサ科;雑草;種子;発芽
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat