ウサギの気管支分岐,肺動・静脈分布

ウサギの気管支分岐,肺動・静脈分布

レコードナンバー630299論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011639NACSIS書誌IDAN10192925
著者名中久喜 正一
書誌名動物の循環器 = Advances in animal cardiology
発行元獣医循環器研究会
巻号,ページ33巻・ 2号, p.61-69(2000)ISSN09106537
全文表示PDFファイル (519KB) 
抄録20例のウサギの肺を使用した。ウサギの肺の気管支分岐を比較解剖学的に検討すると、右肺は、前葉、中葉、後葉および副葉からなり、左肺は2葉に分かれた中葉と後葉からなる。右肺動脈は右前葉気管枝の腹方を通り、右中葉気管枝の背方を越えて右気管支の背外側に沿って後方に伸びる。その経過中、主として気管枝の背側あるいは外側に沿って走る肺動脈枝を分枝する。左肺動脈は左中葉気管枝の背方を越えて右肺の場合と同様に分布する。肺静脈枝は主として気管枝と気管枝の間で、しかも気管枝の内側または腹側を走り、最終的に太い4本の肺静脈を形成して右心房に注ぐ。
索引語ウシ;気管;肺;動脈;静脈
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat