成熟培地に添加したPI 3-kinase阻害剤,ワルトマニンは上皮成長因子添加培地で成熟させたウシ卵子の受精及び発生能を抑制する

成熟培地に添加したPI 3-kinase阻害剤,ワルトマニンは上皮成長因子添加培地で成熟させたウシ卵子の受精及び発生能を抑制する

レコードナンバー630316論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名島田 昌之
曽 文先
Anas M-K.I.
ほか1名
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ17巻・ 3号, p.109-114(2000-10)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (551KB) 
抄録ウシCOCsの体外受精後の受精率と胚盤胞への発生率における上皮成長因子(EGF)の役割について検討した.その結果,成熟培地ヘのEGFの添加が正常受精率を促進した.EGFによるこの促進効果は,成熟培地へ添加された性腺刺激ホルモンと血清が及ぼす効果と似通っていた.一方,EGF添加培地で6時間培養後,EGFとPI3-kinase阻害剤であるワルトマニンとを共に添加した培地で成熟させた卵子においては,正常受精率が著しく低い値を示した.分割率,胚盤胞,および脱出胚盤胞への発生率は,成熟培地へのEGFの添加により向上した.性腺刺激ホルモンと血清を添加した培地で培養した卵子の分割率,胚盤胞,および脱出胚盤胞への発生率は,EGF添加培地で培養した卵子とほぼ同じであった.成熟培地へ添加されたワルトマニンは,EGFや性腺刺激ホルモンと血清が及ぼす分割率と発生率への促進効果を完全に消失させた.以上の結果から,ウシ卵子においては,EGFが細胞質の成熟に関与していること,この細胞質の成熟にはPI3-kinaseの活性化が必要であることが示唆された.
索引語ウシ;卵子;体外受精;培養;酵素阻害剤
引用文献数29
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat