北海道南西部檜山地域に生育するヤマノイモの遺伝的特性

北海道南西部檜山地域に生育するヤマノイモの遺伝的特性

レコードナンバー630332論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015483NACSIS書誌IDAN00230369
著者名夏目 俊二
渡邊 幹男
書誌名北海道大學農學部演習林研究報告 = Research bulletins of the College Experiment Forests, Hokkaido University
別誌名Research bulletin of the Hokkaido University Forests
発行元北海道大學農學部演習林
巻号,ページ58巻・ 1号, p.1-6(2001-03)ISSN03676129
全文表示
抄録北海道南西部桧山地方に生育するヤマノイモの遺伝的特性を,アロザイム分析によって調べた。外部形態から同定したヤマノイモを,北海道爾志郡乙部町姫川において20個体,同桧山郡上ノ国町目名において3個体採集した。またこれらの比較材料として,本州産ヤマノイモを,愛知県豊橋市において20個体,栃木県安蘇郡田沼町飛駒において20個体,上ノ国町小森の北海道大学桧山地方演習林において3個体(山口県産)採集した。ナガイモは上ノ国町早瀬地区および愛知県三好町において各々10個体採集した。その結果,ヤマノイモは,姫川と目名の集団がもっとも近縁で,次に豊橋,飛駒および小森の順であった。一方,これらの5集団に対してナガイモ(三好と早瀬)は,遺伝的に遠いものであった。それらの遺伝的変異から,姫川および目名のDioscorea個体は,本州産ヤマノイモである豊橋,飛駒および小森と同種であり,ナガイモとは別種であることが示唆された。
索引語ヤマノイモ科;遺伝子座;遺伝;特性;北海道;電気泳動
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat