せっこうパーティクルボードの製造と性質(1)

せっこうパーティクルボードの製造と性質(1)

レコードナンバー630344論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00007981NACSIS書誌IDAN00240329
論文副題プレス時間,混合水量および樹脂添加量がボードの性質に及ぼす影響
著者名藤田 巧
小松 直利
川井 秀一
書誌名木材学会誌
別誌名Journal of the Japan Wood Research Society
発行元日本木材学会
巻号,ページ47巻・ 2号, p.120-128(2001-03)ISSN00214795
全文表示
抄録ラワンパーティクルを用いてせっこうパーティクルボードを試作し,その製造条件と性質の関係を調べた。始めに,ボードの設計厚さと製板(仕上がり)厚さの比とプレス時間の関係を検討した。その結果,パーティクルと二水せっこうの混合重量比が1/5であれば,1.5時間のプレス時間で設計厚さに近い厚さを持つボードが得られ,また,ウレタン樹脂の添加によってパーティクルと二水せっこうの混合重量比1/3の条件下では1.5時間のプレス時間で設計厚さに近い厚さを持つボードが得られた。つぎに,混合水量がボードの強度に及ぼす影響を調べ,35%~40%の範囲に最適値が存在することを明らかにした。更に,優れた力学的性能を発揮するパーティクルと二水せっこうの混合重量比が1:3~1:4の範囲にあることを明らかにした。また,ウレタン樹脂の添加によって高い設計密度の製版が可能となり,パーティクル重量に対して4%程度の添加量で耐水性が向上することが認められた。
索引語パーティクルボード;石膏;強度;機械的性質;水量
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat