カキ‘新秋’の無加温ハウス栽培における果実品質及び収量性

カキ‘新秋’の無加温ハウス栽培における果実品質及び収量性

レコードナンバー630483論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005895NACSIS書誌IDAN10485504
著者名千々和 浩幸
林 公彦
牛島 孝策
書誌名福岡県農業総合試験場研究報告
別誌名福岡農総試研報
Bull. Fukuoka Agric. Res. Cent
発行元福岡県農業総合試験場
巻号,ページ20号, p.66-70(2001-03)ISSN13414593
全文表示PDFファイル (524KB) 
抄録農林水産省果樹試験場で育成された早生の完全甘ガキ品種‘新秋’は豊産性で食味が優れるが,露地栽培では成熟期に汚損果が発生しやすく,また年によりわずかに渋味が感じられることがある。そこで,無加温ハウス栽培における‘新秋’の果実品質及び収量特性について検討した。 ‘新秋’は無加温ハウスで栽培することにより,果実の糖度,果重が増加するとともに果実の着色が良好となり,可溶性タンニン含量が減少した。さらに,汚損果の発生が抑制された。また,樹体の生育は旺盛となり,1樹当たり収量が増加し,収穫期も早まることから無加温ハウス栽培に対する適応性が高いと考えられた。
索引語カキ;品種;ハウス栽培;果実;品質;収量
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat