生ゴミ乾燥物の肥料的特性と施用方法の検討

生ゴミ乾燥物の肥料的特性と施用方法の検討

レコードナンバー630511論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009438NACSIS書誌IDAN10045523
著者名長坂 克彦
松野 篤
山崎 修平
ほか2名
書誌名山梨県総合農業試験場研究報告 = Bulletin of the Yamanashi Agricultural Research Center
別誌名Bulletin of the Yamanashi Prefectural Agricultural Research Center
総農試研報
発行元山梨県総合農業試験場
巻号,ページ10号, p.1-6(2001-03)ISSN09108335
全文表示PDFファイル (1055KB) 
抄録生ゴミ乾燥物の肥料的な特性と施用方法についてその成分分析と培養試験及び圃場試験を行った結果以下の結果が得られた。 1)本資材の水分は13.8%と低く、肥料成分は窒素が3.7%、りん酸1.6%、加里が0.7%で、C/N比は10前後であった。成分の変動は排出場所よりも季節変動が大きかった。重金属含有量は低かった。 2)易分解性有機物(糖類や脂肪)の分解過程から、施用後播種までの据置期間は、1ヶ月程度と推察した。 3)塩分(NaCl)含有量や発芽試験の結果から、圃場への施用限界量は、1.0t/10a・年であると推定した。
索引語廃棄物;肥料;特性;施用;有機質肥料
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat