体外成熟されたブタ卵母細胞の減数分裂の進行に及ぼす培養温度の影響

体外成熟されたブタ卵母細胞の減数分裂の進行に及ぼす培養温度の影響

レコードナンバー630706論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名鈴木 裕之
高嶋 陽子
豊川 好司
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ18巻・ 1号, p.8-13(2001-04)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (584KB) 
抄録ブタ卵の体外成熟に及ぼす培養温度と卵丘細胞の付着程度の影響を検討した.卵丘細胞が完全にまたは部分的に付着した卵丘一卵母細胞複合体を,37℃または39℃で0-44時間培養し,減数分裂の進行と細胞骨格の分布変化について蛍光染色法により検査した.培養前(0時間)では,94-100%の卵はGV期であった.24時間後では,39℃で37℃に比べ有意に多くの卵がGVBDを示した.36時間目にM-IIに達していた卵の割合は37℃区に比べ39℃区で高かったが,44時間目では両区に有意差は見られなかった.完全区卵は部分区卵に比べ有意に高い成熟率を示した.蛍光染色法により,主にマイクロフィラメントで構成される卵丘細胞突起は,GVとM-I期で多数存在したが,M-II期で減少すること,また培養温度と卵丘細胞の付着程度の違いにより卵細胞質の微小管とマイクロフィラメントの分布に著差はみられなかった.以上から,培養温度が2℃低下することによりGVBDと成熟分裂の進行が著しく遅延し,卵丘細胞の付着の程度が卵成熟率に影響することが示唆された.
索引語ブタ;卵母細胞;細胞分裂;培養;温度
引用文献数28
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat