京都府沖合海域における標識再捕データによる成体雌ズワイガニの死亡係数の推定

京都府沖合海域における標識再捕データによる成体雌ズワイガニの死亡係数の推定

レコードナンバー630793論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名山崎 淳
大木 繁
田中 栄次
書誌名日本水産學會誌
別誌名日本水産学会誌
NSUGAF
Nippon suisan gakkaishi
発行元日本水産學會
巻号,ページ67巻・ 2号, p.244-251(2001-03)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (694KB) 
抄録1990年,1995~1997年に成体雌の標識放流を行い,再捕データをもとに再尤法により死亡係数を推定した。1990年放流群の全減耗係数(Zi)は1.699year-1,1995~1997年放流群のZiは0.975~1.181year-1と推定された。一方,操業が周年禁止されている保護区内に放流された群のZiは0.561year-1と低い値であった。1990年と1995~1997年放流群とのZiの差を混獲投棄による資源減耗を軽減するための底曳網の操業禁止区域の設定と絡めて考察した。
索引語ズワイガニ;京都府;死亡率;雌;成体;標識放流;回収
引用文献数21
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat