メロン短側枝性の遺伝および他の形質との関係

メロン短側枝性の遺伝および他の形質との関係

レコードナンバー630926論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名小原 隆由
小島 昭夫
若生 忠幸
ほか1名
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ70巻・ 3号, p.341-345(2001-05)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (437KB) 
抄録メロンの整枝作業の省力化を可能にする短側枝形質を導入したメロン系統‘メロン安濃17号’を用い,短側枝性の遺伝解析を行った.‘春系3号’との交雑F1,F2,BC1世代における短側枝性個体と普通側枝性個体の分離比は,短側枝性が単因子劣性に遺伝すると仮定した場合の分離比によく適合した.一方‘YSハネジュー’との交雑F1は,短側枝性個体から普通側枝性個体まで連続的に分布した.これらのことから,短側枝性は1つの主働遺伝子sbに支配される劣性または不完全優性の形質であり,交配親の対立遺伝子あるいは遺伝的背景や環境要因の影響を受けて発現の程度が変動すると推察された.また,草丈,茎径等の草勢に関わる植物形質と短側枝性の間には有意な負の相関関係が認められ,短側枝性は草勢と関連した形質であると考えられた.
索引語メロン;草型;分枝;伸長;遺伝;省力;栽培
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat