大豆7Sおよび11Sグロブリンを含有する牛乳カードにおけるタンパク質間相互作用力

大豆7Sおよび11Sグロブリンを含有する牛乳カードにおけるタンパク質間相互作用力

レコードナンバー631069論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名岡崎 良生
内海 成
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ48巻・ 5号, p.356-360(2001-05)ISSN1341027X
全文表示
抄録7Sおよび11Sグロブリン含有牛乳カードの,タンパク質間相互作用力に影響をおよぼす各種試薬(NaCl,NaSCN,2-メルカプトエタノールおよびプロピレングリコール)の共存下における形成性およびそれらに対する溶解性について検討した.各種試薬共存下でのカード形成は,7Sおよび11Sグロブリンを添加したカード共にNaSCN共存の影響が最も強く,次いでNaCl共存であった.各種試薬の溶解性に対する効果も7Sおよび11Sグロブリンを添加したカード共にNaSCNとNaClが強かった.また,各種試薬により可溶化するタンパク質は両グロブリンの特定のサブユニットではないことが分かった.このような各種試薬の効果から,7Sおよび11Sグロブリン含有カードの形成および構造の保持に対して疎水的相互作用および静電的相互作用の関与が強く,S-S結合と水素結合の関与は弱いこと,そして両グロブリンのサブユニット種間で差はないことが判明した.
索引語ダイズ;グロブリン;牛乳;タンパク質
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat