分子マーカーと形質マーカー間の連関検索の試み

分子マーカーと形質マーカー間の連関検索の試み

レコードナンバー631096論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00010725NACSIS書誌IDAN10091032
著者名小瀬川 英一
原 和二郎
岡島 輝雄
清水 久仁光
書誌名蚕糸・昆虫農業技術研究所研究資料
発行元農林水産省蚕糸・昆虫農業技術研究所
巻号,ページ30号, p.15-21(2001-03)ISSN09152679
全文表示
抄録胚発生3日のカイコ卵由来のcDNAライブラリーから単離されたHCS70様のクローンをプローブとしてカイコゲノムDNAに対するサザン解析を行ったところ,明瞭なハイブリダイゼーションシグナルを検出することができた。そこで複数種類の表現形質マーカー系統とRF50K系統を交配して連関検索のための系統を作製し,個体別に調整したゲノムDNAを用いてサザン解析を行ったところ,系統間で異なる制限酵素断片長多型が検出された。このことはHSC70遺伝子自体,あるいはその隣接する領域にDNA多型が存在することを意味する。このRFLPとマーカー遺伝子の交配後代における分離の比較からカイコのHSC70様遺伝子と実験に用いたマーカー遺伝子が座乗する特定の6連関群とは独立であることが明らかであった。一方適切な連関情報を得られなかった6連関群については実験方法を改良する必要がある。
索引語カイコ;分子;マーカー;形質;遺伝子地図;染色体地図;分子育種;連鎖
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat