背割りしたスギ丸太の乾燥特性と強度性能

背割りしたスギ丸太の乾燥特性と強度性能

レコードナンバー631202論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00020671NACSIS書誌IDAA11354612
著者名後藤 徹
高橋 幹夫
書誌名研究報告
別誌名Bulletin of the Yamagata Prefectural Forest Research and Instruction Center
山形県森林研究研修センター研究報告
発行元山形県森林研究研修センター
巻号,ページ29号, p.21-25(2001-05)ISSN1345336X
全文表示PDFファイル (704KB) 
抄録自然公園や河川敷などの公共空間で天然素材としての丸太の利用が進められていることから、間伐材を丸太の状態で利用した新たな用途拡大が見込まれる。しかし、丸太の乾燥が充分でないと割れなどにより美観を損ない安全性や耐久性の低下が懸念される。そこで、割れの少ない乾燥丸太を生産するために、丸太に背割り加工し、その乾燥特性と曲げ強度性能の影響をみたところ、(1)背割り丸太は背割り加工しない丸太と比較して、割れの発生が少なく、水分傾斜も小さい傾向がみられる。(2)背割り加工した乾燥丸太の曲げ強度性能の低下はない。(3)背割り加工により、割れが少なく曲げ強度性能の低下のない乾燥丸太が得られることが明らかになった。
索引語スギ;木材;乾燥;強度;機械的性質;ヤング係数
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat