グミの生態に関する研究(1)

グミの生態に関する研究(1)

レコードナンバー631234論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012384NACSIS書誌IDAN10425987
論文副題夏眠行動と発生に関するいくつかの知見
著者名杉野 浩二郎
二島 賢二
吉田 幹英
ほか1名
書誌名福岡県水産海洋技術センター研究報告
別誌名Bulletin of Fukuoka Fisheries and Marine Technology Research Center
発行元福岡県水産海洋技術センター
巻号,ページ11号, p.71-75(2001-03)ISSN09192468
全文表示PDFファイル (1308KB) 
抄録1)グミPseudocnus echinatusを室内水槽で飼育,観察した。その結果水温が上昇するとグミが小型化し夏眠状態になることが認められた。また,夏眠状態になる温度は水槽の底質,グミの飼育密度の違いによって大きく左右された。 2)グミは夏眠終了直後に産卵し,その卵は沈性卵で直径約0.5mm,1尾の雌当たりの抱卵数は1000粒程度であった。 3)グミの受精卵の発生は非常に早く,浮遊幼生期,着生幼生期を経て受精後4日目には稚グミとなった。 4)抱卵数がマナマコなどに比べて少ない事,発生初期の成長が早く浮遊期間が短いために初期減耗が少ないと予想されることから,グミの再生産は少産少死型であると推定された。 5)グミの夏眠は夏眠終了直後に産卵が起こった事から,マナマコのように厳しい環境を乗切る為ではなく,性成熟の為に行われているのではないかと考えられた。
索引語ナマコ類;休眠;産卵;発生;飼育
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat