促成栽培におけるピンク系アジサイの栽培管理が花色に及ぼす影響

促成栽培におけるピンク系アジサイの栽培管理が花色に及ぼす影響

レコードナンバー631320論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005535NACSIS書誌IDAA11207618
著者名清水 良泰
浅見 佳子
桜井 公江
ほか2名
書誌名群馬県園芸試験場研究報告
別誌名研究報告
発行元群馬県園芸試験場
巻号,ページ6号, p.39-46(2001-03)ISSN1342453X
全文表示PDFファイル (1330KB) 
抄録ピンク系アジサイの代表的品種‘ミセスクミコ’は、栽培条件により花色が悪くなるなどの問題がある。そこで、種々の栽培条件について検討した結果、下記のような管理をすることで、鮮明な発色が得られ、促成作型におけるピンク系アジサイの高品質生産が可能となった。 (1)温度条件:促成栽培開始から萼片着色直前まで日中24℃、夜間18℃、それ以降から開花まで日中17℃、夜間12℃で管理する。 (2)施肥条件:C型鋼ひも給水で液肥を常時給液する場合、窒素濃度は、促成栽培開始の1週間後から2週間を50mg/l、次の3週間を75mg/l、6週間後から萼片着色直前まで100mg/lとし、萼片着色以降は水のみで管理する。
索引語花木;促成栽培;花;色;管理
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat