夜温処理がソルガム(Sorghum bicolor Moench)品種932233Bの幼穂形成および最終主稈葉数に及ぼす影響

夜温処理がソルガム(Sorghum bicolor Moench)品種932233Bの幼穂形成および最終主稈葉数に及ぼす影響

レコードナンバー631365論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名魚住 順
黒川 俊二
吉村 義則
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ47巻・ 2号, p.145-150(2001-06)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (698KB) 
抄録ソルガムの温度感応特性を解明するため、純系品種932233Bを供試し、夜温処理の時期と期間の違いが幼穂形成期および最終主稈葉数に及ぼす影響を検討した。 低夜温は、幼穂形成を誘起して、最終主稈葉数を減少させ、高夜温は、幼穂形成を抑制して、最終生稈葉数を増加させたが、反応の様相は夜温処理の時期と期間の違いにより様々に異なった。この反応を解析することにより、低夜温への感応性の獲得時期は播種直後、高夜温への感応性の獲得時期は3-4葉期頃にあることが推定された。 幼穂形成を誘起するのに必要な低夜温の継続期間(低夜温必要期間)は、8葉期までは生育が進むほど短くなり、展葉数で表した低夜温必要期間と、低夜温処理開始時の葉齢との間には有意な負の相関関係が認められた。8葉期以降は、必要期間と生育ステージとの関係は明確ではなかった。
索引語飼料作物;ソルガム;品種;出穂;葉;夜間;温度処理
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat