リードカナリーグラス(Phalaris arundinacea L,)サイレージの発酵品質に及ぼす酵素製剤の影響

リードカナリーグラス(Phalaris arundinacea L,)サイレージの発酵品質に及ぼす酵素製剤の影響

レコードナンバー631367論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名田川 伸一
岡島 毅
伊東 睦泰
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ47巻・ 2号, p.157-162(2001-06)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (634KB) 
抄録リードカナリーグラスを良質サイレージに調製することを目的に、セルラーゼ(AC)、酵素入り乳酸菌製剤(SL)の添加および予乾処理が発酵品質の改善に及ぼす影響、ならびに、発酵初期の嫌気条件を確立するためのCO2添加の効果を比較検討した。 リードカナリーグラスサイレージのpHはACおよびSLの添加により目立って低下し、とくにAC0.05区では4.07まで低下した。乳酸含有率はACおよびSLの添加によって増加し、特にAC0.05区では8.95%に達した。揮発性塩基態窒素(VBN)含有率はACおよびSLの添加により低下したが有意ではなかった。 本研究の結果より、リードカナリーグラスを材料草としてサイレージを調製する場合にはACおよびSLの添加がサイレージの発酵品質を改善することが明らかとなった。CO2の添加および予乾の効果は見られなかった。
索引語サイレージ;牧草;発酵;品質;酵素;製剤
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat