Candida guilliermondii H-404株のα-ガラクトシダーゼの縮合反応を用いたα-ガラクトビオースの調製

Candida guilliermondii H-404株のα-ガラクトシダーゼの縮合反応を用いたα-ガラクトビオースの調製

レコードナンバー631425論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013020NACSIS書誌IDAN10453916
著者名橋本 博之
山下 亜希子
伊倉 宏司
ほか5名
書誌名応用糖質科学
発行元日本応用糖質科学会
巻号,ページ48巻・ 3号, p.279-285(2001-07)ISSN13403494
全文表示PDFファイル (617KB) 
抄録α-ガラクトビオースはさまざまな生理機能が報告されている。α-ガラクトビオースの結合位置異性体を同時に高感度で分析する方法を、アミノ安息香酸エチルエステル標識化法(ABEE標識化法)を用いて確立した。Candida guilliermondii H-404株のα-ガラクトシダーゼの縮合反応を用いて、ガラクトースからα-ガラクトビオースを主体とするα-結合ガラクトオリゴ糖(α-GOS A)を効率よく合成できる。ABEE標識化法を用いて、α-ガラクトビオースの合成の経時変化を調べた。その結果、反応初期から、主生成物はα-1、6ガラクトビオースで、その他、α-1、3-とl、2-ガラクトビオースが生成した。このα-GOS Aから、活性炭クロマトグラフィーを用いて、α-1、6-、l、3-、1、2-ガラクトビオースを調製した。
索引語オリゴ糖;酵素(グリコシダーゼ);真菌類(不完全菌);化学反応;異性体
引用文献数22
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat