FT-IR/ATR法によるマルトオリゴ糖の重合度推定

FT-IR/ATR法によるマルトオリゴ糖の重合度推定

レコードナンバー631431論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名狩野 幹人
橋本 篤
椎木 靖彦
ほか3名
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ48巻・ 6号, p.401-408(2001-06)ISSN1341027X
全文表示
抄録FT-IR/ATR法による溶質量既知のマルトオリゴ糖(G1~G7)の重合度の推定について検討した結果、以下の結果を得た。 (1)マルトオリゴ糖スペクトルの特徴として、指紋領域におけるG5~G7のスペクトルパターンが類似する傾向が認められた。さらに、スペクトルのピークの吸光度と重合度との間には、線形関係が認められなかった。 (2)PLS-1によりマルトオリゴ糖の重合度推定を行ったところ相関係数0.999の良好な結果が得られた。 (3)吸収ピークの詳細を把握するため波形分離処理を行い、各分離波の帰属を文献より明らかにした。そして、各分離波の吸光度と重合度の関係より、重合の様子がより反映されている分離波を選定した。 (4)選定した分離波のピーク波数におけるスペクトルの吸光度、また、これらの分離波の影響が強いスペクトルの吸収ピークの吸光度を用いて重回帰分析を行ったところ、両方の場合とも、相関係数0.99以上の良好な結果を得た。さらに、溶質0.1gの場合においても、相関係数0.99以上の高い再現性が得られた。FT-IR/ATR法により溶質量既知である単一成分のマルトオリゴ糖水溶液であれば、重合度の推定が十分可能であることが示された。
索引語オリゴ糖;重合;赤外線;分光
引用文献数14
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat