青森県北津軽地域における低平地不耕起水田の用水量

青森県北津軽地域における低平地不耕起水田の用水量

レコードナンバー631472論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015250NACSIS書誌IDAN00201203
著者名泉 完
佐々木 長市
工藤 啓一
ほか1名
書誌名農業土木学会論文集
別誌名農土論集
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering
Transactions of the Agricultural Engineering Society, Japan
発行元農業土木学会
巻号,ページ213号, p.149-156(2001-06)ISSN03872335
全文表示
抄録青森県北津軽地域の低平地水田地帯において不耕起田の用水量調査を3ヵ年行い、初期灌水量と蒸発散浸透量、圃場の均平度の変化などについて検討した。その結果、l.初期灌水期間の水管理方法については、土壌が軟らかくなるのための灌水期間は5~6日、灌水初日の灌水量は約40mmであること、その後の灌水量は10mm/d必要であること、2.不耕起田の一筆平均蒸発散浸透量は、不耕起田初年目7.4mm/d、2年目9.1mm/d、3年目7.2mm/dであり、排水路水位が高いため、用水量の増大にはならなかったこと、3.不耕起田の均平度は、不耕起栽培前の標準偏差σ=±1.5cmに比較して、3作後σ=±1.8cmで、不耕起栽培を継続することによる均平度の顕著な劣化は、認められなかったこと、3年目の収量について収量構成要素が示され、その収量は慣行田に劣らなかったこと、などが示された。
索引語青森県;不耕起栽培;水田;用水;潅水;水管理;蒸発散;浸透;収量
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat