代謝プロファイルテストのためのウシ血液の採取・保存方法の検討

代謝プロファイルテストのためのウシ血液の採取・保存方法の検討

レコードナンバー631485論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020638NACSIS書誌IDAA1163152X
著者名岡田 啓司
安田 準
書誌名日本家畜臨床学会誌 = Japanese journal of large animal clinics
別誌名東北家畜臨床研究会誌
Japanese journal of veterinary clinics
発行元日本家畜臨床学会
巻号,ページ24巻・ 1号, p.13-18(2001-06)ISSN13468464
全文表示PDFファイル (417KB) 
抄録代謝プロファイルテスト(MPT)における血液サンプルの採取・保存条件を、健康な黒毛和種成雌牛5頭を用いて検討した。血清分離剤を用いて速やかに分離した血清(血清)に比べて、ヘパリン加血漿は遊離脂肪酸(FFA)、βヒドロキシ酪酸(BHB)、総コレステロール(T-cho)、リン脂質(PL)、アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)、γグルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)が低値、βリポ蛋白(β-lipo)、総蛋白(Tp)、アルブミン(Alb)が高値を示した。全血を室温2時間放置後の血清は、尿素窒素(BUN)とγ-GTPが高値を示した。血糖(Glu)は血清とヘパリン加血漿に差はなかった。 分離血清はGlu、BHB、T-cho、Tp、Alb、BUN、無機リンでは冷蔵・冷凍保存とも7日目まで安定していたが、FFA、PL、β-lipo、Ca、AST、γGPTは7日以前に変化が見られた。
索引語和牛;肥育;代謝;血液;保存
引用文献数2
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat