バングラデシュの野生エビ及びエビ養殖場に生息する甲殻類からのPCR法によるWSSVの検出

バングラデシュの野生エビ及びエビ養殖場に生息する甲殻類からのPCR法によるWSSVの検出

レコードナンバー631569論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008714NACSIS書誌IDAN00063165
著者名Hossain Md.S.
Otta S.K.
Karunasagar I.
ほか1名
書誌名魚病研究
別誌名Fish pathology
発行元[出版者不明]
巻号,ページ36巻・ 2号, p.93-95(2001-06)ISSN0388788X
全文表示
抄録バングラデシュの野生のエビ類及びエビ養殖場に生息する養殖対象外の甲殻類について,ホワイトスポット病ウイルス(WSSV)の存在をPCR法で調べた。野生エビでは,Penaeus monodon,P. semisulcatus,P. indicus,Metapenaeus monoceros,M. brevicornis,Palaemonstyliferus,養殖場の甲殻類ではM. monoceros, M.brevicornis,Scylla serrata,Pseudograpsus intermedius,P. styliferus,P. indicus,Macrobrachium rosenbergiiがPCR陽性であった。これはバングラデシュにおけるWSSVのPCR法による最初の検出例である。
索引語エビ類;バングラデシュ;養殖場;ウイルス;検出;PCR;甲殻類
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat