小型クロロフィル・濁度計の空間解像度について

小型クロロフィル・濁度計の空間解像度について

レコードナンバー631613論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005417NACSIS書誌IDAA0070835X
著者名山崎 秀勝
Wolk F.
Seuront L.
書誌名Journal of the Tokyo University of Fisheries
別誌名東京水産大学研究報告
Tokyo Suisan Daigaku kenkyu hokoku
Journal of the Tokyo University of Fisheries
J. Tokyo Univ. Fish
発行元Tokyo University of Fisheries
巻号,ページ87巻・ p.13-21(2001-03)ISSN00409014
全文表示PDFファイル (1422KB) 
抄録我々は高解像度の蛍光光度および濁度を測定することのできる光学センサーを開発し。空間解像度がどの程度であるのか明らかにするため室内実験を行った。このセンサーはサンプル空間を乱すことなく、自由落下型の乱流観測装置などに搭載することが出来ることが特徴である。実験水槽における検定によりセンサーの解像度は0.02mであることが判明した。この論文では海洋の濁度と蛍光光度のスペクトルの実測値も紹介する。
索引語クロロフィル;濁度;植物プランクトン;センサー;性能;測定
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat