ディーゼル排出微粒子(DEM)および亜硫酸水素塩曝露によるウサギ好中球のスーパーオキシドイオン(O2-)の生成

ディーゼル排出微粒子(DEM)および亜硫酸水素塩曝露によるウサギ好中球のスーパーオキシドイオン(O2-)の生成

レコードナンバー631730論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013978NACSIS書誌IDAN00239079
著者名川井 貴志
安池 朋代
小林 茂樹
書誌名明治大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Meiji University
別誌名明大農研報
Bulletin of School of Agriculture, Meiji University
発行元明治大学農学部
巻号,ページ127号, p.53-58(2001-07)ISSN04656083
全文表示PDFファイル (627KB) 
抄録ディーゼル排出微粒子(DEM)と亜硫酸水素塩(HSO3-)の曝露によるウサギ好中球のスーパーオキシドイオン(O2-)の生成について分析した。2匹のウサギから採血し、好中球濃度を1mlあたり2×106個に調製して実験を行った。ホルボールミリステートアセテート(PMA)にほる賦活下では、DEM0.011mg/mlの刺激により、1分間106個あたり0.38nmolのスーパーオキシドイオンの発生が認められた。これは41mMの亜硫酸水素塩曝露と比べ、若干低い値だった。次に、より高濃度の亜硫酸水素塩曝露(82mM、165mM)を行い、スーパーオキシドイオンの量が増加した(0.62nmol)が、この場合、スーパーオキシドイオンの酸化を行うcytodhromecの減少も生じたと推測される。Zymosanの存在下では、亜硫酸水素塩曝露期間中にわたり反応が進行した。供試した大気汚染物質は直接好中球のスーパーオキシドイオン生成に影響を与えた。
索引語ウサギ;排気;好中球;白血球;イオン;ガス
引用文献数20
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat