青果物中の多成分残留農薬分析の簡便な前処理法

青果物中の多成分残留農薬分析の簡便な前処理法

レコードナンバー631822論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015061NACSIS書誌IDAN00196227
著者名佐藤 元昭
下川 志津男
坂口 将進
書誌名日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ26巻・ 3号, p.253-256(2001-08)ISSN03851559
全文表示PDFファイル (301KB) 
抄録青果物中の多成分残留農薬分析に際し前処理の簡便迅速化法について検討した。本報では、植物由来の水分と色素を除去するため、吸水ポリマーとグラファイトカーボン粉末を使用した。16種類の青果物を供試し、21種類の有機燐系農薬について添加回収試験を行ったところ、アセフェート、バミドチオンなど水溶性の高い農薬以外の農薬の回収率は70-120%であり、CV値も10%以下であった。この方法を用いると、操作時間と労力を大幅に節減で゜きることが示唆された。
索引語青果物;農薬;残留;化学分析;材料;処理;試験法;有機リン化合物
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat