ジャガイモ品種「スタークイーン」のジャガイモYウイルス(PVY)感染による病徴

ジャガイモ品種「スタークイーン」のジャガイモYウイルス(PVY)感染による病徴

レコードナンバー631834論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014227NACSIS書誌IDAN00231270
著者名萩田 孝志
向原 元美
書誌名北海道立農業試験場集報
別誌名北海道立農試集報
道農試集報
Bulletin of Hokkaido Prefectural Agricultural Experiment Stations
Bulletin of Hokkaido Prefectural Agricultural Experiment Station
Bulletin of the Hokkaido Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元北海道立農業試験場
巻号,ページ81号, p.49-52(2001-07)ISSN04410807
全文表示PDFファイル (1414KB) 
抄録ジャガイモ品種「スタークィーン」のPVY(T、O)感染による当代病徴は、接種葉にえそ斑点を生じたが、上葉の病徴は不明瞭であり、「男爵薯」同様に当代感染株の判別は困難と考えられた。PVY-T感染株の主要な次代病徴は黄色斑紋およびモザイク症状で、着蕾期頃から出現し、開花3週間頃まで明瞭であった。本病徴(黄色斑紋およびモザイク)を指標として肉眼判定とエライザ検定を比較した結果、供試125株中123株(98.4%)で両者が一致したことから、本病徴により高い精度でPVY感染株の識別が可能であった。開花期以前に出現する単独のれん葉症状(PVY感染疑似症状)は健全株にも現れ、開花期以降目立たなくなることから、PVY感染とは無関係と考えられた。
索引語ジャガイモ;品種;病害(ウイルス病);症状
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat