味噌,栗あん及びすりリンゴの色調変化に及ぼす酸素バリヤー性包装材の影響

味噌,栗あん及びすりリンゴの色調変化に及ぼす酸素バリヤー性包装材の影響

レコードナンバー631850論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20002320NACSIS書誌IDAN00330024
著者名村松 信之
唐沢 秀行
市川 直道
ほか4名
書誌名長野県食品工業試験場研究報告 = [Research] report of the Nagano State Laboratory of Food Technology
別誌名Research report of Food Technology Research Institute of Nagano Prefecture
発行元長野県食品工業試験場
巻号,ページ28号, p.53-60(2000-10)ISSN0286102X
全文表示PDFファイル (763KB) 
抄録酸素バリャー性の優れた包材(ベセーラ)による色調保持効果について、味噌、栗あん及びすりリンゴを対象にして検討したところ、以下の結果が得られた。 1.味噌の保存試験では、保存環境によって色調変化に多少の相違を示し、暗所保存に比べ明所保存の方が、酸素バリャー性の高い包材での色調変化が小さく示された。しかし、現在バリャー性の高いと言われている包材間での色調の違いは小さかった。 2.栗あんの保存試験では、暗所保存に比べ明所保存の方が色調変化が大きく、包装材による違いが認められた。栗あんの暗所保存試験では、包材間による色調変化は小さかった。 栗あんの明所保存では、遮光によって色調変化の抑制が認められ、アルミ包材が効果的であった。透明包材の中では、OⅤ包材、ベセーラ包材とも比較的色調変化が小さかった。 3.すりリンゴの保存試験でも、暗所保存に比べ明所保存の方が色調変化が大きく、包装材による違いが認められた。 暗所保存では、ベセーラ包材とOⅤ包材の色調が明るく、黄色が強く感じられた。明所保存では、アルミ包材などで遮光を施すことによって、色調変化が抑制された。透明包材の中では、ベセーラ包材、OⅤ包材、エバール包材の色調が比較的良好に保持されていた。
索引語包装;食品;色;酸素;みそ;クリ;リンゴ
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat