フリーストール・ミルキングパーラー方式に関する実態調査

フリーストール・ミルキングパーラー方式に関する実態調査

レコードナンバー631924論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00018427NACSIS書誌IDAN00008371
著者名尾岸 潤二
中村 良一
小笠原 和弘
ほか1名
書誌名青森県畜産試験場報告 = Bulletin of the Aomori Zootechnical Experiment Station
別誌名Bulletin of the Aomori Prefectural Expreriment Station of Animal Husbandry
発行元青森県畜産試験場
巻号,ページ17号, p.1-4(2001-07)ISSN0385681X
全文表示PDFファイル (384KB) 
抄録フリーストール・ミルキングパーラー方式の新規導入のための参考資料を得るため、県内における既導入農家の実態を調査し、その問題点と対策を検討した。1.フリーストール・ミルキングパーラー方式の導入に当たり、古材の活用や既存牛舎の改造などにより低コスト化が行われていたが、舎内換気や作業性を考慮して既存施設の配置や構造上の制約をできるだけ取除くようなレイアウトとする必要があるものと考えられた。2.各農家の平均乳量が7,300kg~9,000kgとバラツキが大きいことから、飼料給与など群管理技術に改善すべき余地の多いことが示唆された。3.1日の搾乳時間が目標値とされる4時間以内を超えた農家が3例あったが、その中には、搾乳ストール数の不足による作業効率の低下がその要因と考えられる事例もあった。4.既存牛舎からフリーストール方式へ移行する場合は、事前にパドックでの群飼と運動を行うことにより、肢蹄の事故を大幅に軽減できた。
索引語乳牛;フリーストール;搾乳;施設;農家;調査
引用文献数3
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat