犬の全身吸入麻酔の麻酔前投薬

犬の全身吸入麻酔の麻酔前投薬

レコードナンバー631961論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
論文副題導入薬としてのメデトミジン-チオペンタール,メデトミジン-ケタミン,メデトミジン-プロポフォールの臨床的検討
著者名山下 和人
中島 真由美
戸田 博子
ほか6名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ54巻・ 4号, p.282-287(2001-04)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (608KB) 
抄録犬150頭(ASA分類Class IおよびII、6.0±4.2歳)の麻酔前投薬と導入薬として、メデトミジン5μg/kgの前投薬後、導入薬としてチオペンタール12.5mg/kg(MT群)、ケタミン5mg/kg(MK群)またはプロポフォール4mg/kg(MP群、各群50頭)を静脈内投与し、50%笑気-50%酸素-セボフルラン麻酔を実施した。導入時にMK群8頭に痙攣、MP群1頭に血管痛を認めた。挿管後、MT群では高率に無呼吸となり、32頭に調節呼吸を実施した。術中の終末呼気セボフルラン濃度は、MT群1.6~1.7%、MK群1.9~2.0%、MP群2.1~2.3%であった。いずれも術中の心拍数は110回/分、平均動脈血圧は100~120mmHg前後で推移し、麻酔終了後5分前後で抜管することができた。これらの組み合わせは全身状態の良好な犬臨床例に有用と考える。
索引語イヌ;麻酔;動物用薬剤;獣医学
引用文献数22
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat