オシロメトリック法を用いた動物病院内での健常犬の血圧値

オシロメトリック法を用いた動物病院内での健常犬の血圧値

レコードナンバー631980論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名土井口 修
高橋 健
坂田 美和子
ほか2名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ54巻・ 6号, p.467-471(2001-06)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (832KB) 
抄録疾病治療以外の目的で来院した臨床的健常犬215頭を対象に、動物病院内環境でオシロメトリック法による血圧測定を行った。測定部位を前肢、後肢および尾の3カ所で比較検討した結果、心拍数は同じであったが、前肢の収縮期血圧を除いて拡張期血圧および平均血圧は、尾、前肢および後肢の順で高くなった。臨床的容易さと実験結果がら前肢を用いて全頭の血圧を測定した。結果は収縮期血圧132.0±17.4mmHg、拡張期血圧86.8±14.2mmHgおよび平均血圧102.6±14.5mmHgであった。加齢と血圧との関係では、加齢に伴う上昇がみられた。また、性別と血圧との関係では、雌犬より雄犬が高かった。
索引語イヌ;臨床;血圧;検査
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat