冷凍カイコ幼虫を餌にしたハリクチブトカメムシの飼育

冷凍カイコ幼虫を餌にしたハリクチブトカメムシの飼育

レコードナンバー632130論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011674NACSIS書誌IDAN10419066
著者名木村 宏明
野口 敬命
書誌名茨城県農業総合センター園芸研究所研究報告 = Bulletin of the Horticultural Institute, Ibaraki Agricultural Center
発行元茨城県農業総合センター園芸研究所
巻号,ページ9号, p.29-34(2001-03)ISSN09194975
全文表示PDFファイル (1363KB) 
抄録冷凍保存のカイコを餌としたハリクチブトカメムシの飼育について検討した。 1.冷凍ハスモンヨトウ幼虫を餌とした場合と比較したところ、発育・産卵性とも同等以上の結果が得られ、冷凍カイコは餌として利用できると考えられた。 2.ふ化から羽化までの所要日数は22℃では32.0日、25℃では22.3日、28℃では16.0日、30℃では14.4日であった。 3.W36.5cm×D27.0cm×H5.5cmのプラスチック製タッパを利用して飼育密度と生存率について検討した。 25℃では容器あたり1齢幼虫を100、200、300頭入れた場合、生存率はいずれも45%前後であった。 28℃では25℃に比較し、いずれの密度でも生存率が低い傾向がみられた。
索引語天敵;カメムシ類;人工飼料育;カイコ
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat