GPSを搭載した農耕地の土壌調査支援システムの開発

GPSを搭載した農耕地の土壌調査支援システムの開発

レコードナンバー632204論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00017044NACSIS書誌IDAN00223512
著者名安田 典夫
書誌名ペドロジスト
別誌名Pedologist
発行元ペドロジスト編集部
巻号,ページ45巻・ 1号, p.14-22(2001-06)ISSN00314064
全文表示
抄録土壌図等の土壌情報をパソコンを利用して現場で迅速かつ有効に活用するために、GISおよびGPSを用いて以下のような特徴を有する土壌調査支援システムを開発した。 1)ハードウェアは軽量で現地への携帯が容易なノート型パソコンおよび衛星電波受信機、同アンテナ、位置補正用FM放送多重用アンテナからなる簡易型DGPSで構成される。ソフトウエアはVisual-C言語で作成され、Windows95および98のOS上で動作する。 2)任意の地域と縮尺の基本土壌図および応用土壌図がリアルタイムに表示される、さらに土壌図表示画面上で土壌断面や土壌理化学性データ等を検索する機能を有する。その機能を利用して有効土層の深さ、土性、礫層の有無、リン酸固定力、乾田・湿田区分(水田)、排水の良否(水田)などの応用土壌図を容易に作成することが可能である。 3)簡易型DGPSによる位置決定精度について、定点調査16地点における2回の緯度・経度測定値の秒差から距離差を求めたところ、中山間地では経度(東西方向)で平坦地に比べてやや差がみられたが、全体として誤差は10m以内であり、高い再現性をもつことが確かめられた。 以上のことから、本システムを用いることにより簡易に土壌図および土壌情報の入出力を行うことができ、現地での土壌調査時にそれらの情報をリアルタイムで利用することが可能と思われた。
索引語農耕地土壌;土壌調査;GPS;地理;情報;システム
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat