0日齢去勢が豚の発育と作業効率に及ぼす影響

0日齢去勢が豚の発育と作業効率に及ぼす影響

レコードナンバー640338論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00021130NACSIS書誌IDAN00334182
著者名舟塚 絹代
小林 直樹
山口 良二
書誌名福井県畜産試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Fukui Experiment Station of Domestic Animal Industry
発行元[出版者不明]
巻号,ページ15号, p.13-17(2002)ISSN03893537
全文表示PDFファイル (388KB) 
抄録雄子豚の去勢は肉豚生産において必要不可欠な作業である。このため、0日齢去勢による豚の発育に及ぼす影響と飼養管理の省力化について検討した。 0日齢去勢は豚の発育やと体成績において、14日齢去勢と比較し有意な差は認められなかった。また、0日齢去勢では去勢による発育停滞が少なく、その後の発育も良好であった。作業効率は分娩時の処理と併せて行うことにより省力化が図られた。これらの結果より、0日齢去勢は子豚管理の省力化を図るうえで有効な方法であることが示唆された。
索引語ブタ;去勢;日齢;発育;作業;効率;飼育;管理
引用文献数4
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat