大気・海洋・陸面結合モデルによる温暖化予測

大気・海洋・陸面結合モデルによる温暖化予測

レコードナンバー640401論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012204NACSIS書誌IDAN10035665
論文副題今,Remote Sensingに何が期待されているのか?
著者名真鍋 淑郎
書誌名日本リモートセンシング学会誌 = Journal of the Remote Sensing Society of Japan
発行元日本リモートセンシング学会
巻号,ページ21巻・ 4号, p.366-372(2001-10)ISSN02897911
外部リンク
全文表示
抄録大気・海洋結合モデルの数値実験によると、21世紀末ころには地表の全球平均気温は現在より2~3℃程度上がる。昇温は、陸面で更に大きくなると予測される。また、半乾燥地帯の土壌水分が減少し、砂漠が拡張しそうである。二酸化炭素などを規制せずに放出し続ければ、数百年先に大気の二酸化炭素濃度が、今の4倍位になり、非常に大きな気候の変化がおこる可能性が大きい。これからは、温暖化に伴う全球的変化の検出、放射強制力を持つ温室効果ガス、エアロゾル等の分布決定、モデルに組み込まれた色々な素過程の検証等にRemote Sensingが増々重要になるであろう。
索引語リモートセンシング;モデル;気温;予測;空気;海洋;土地;気候;土壌水分;二酸化炭素
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat