アセタミプリド錠剤の各種施用法によるキュウリ寄生ワタアブラムシに対する効力

アセタミプリド錠剤の各種施用法によるキュウリ寄生ワタアブラムシに対する効力

レコードナンバー640604論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015061NACSIS書誌IDAN00196227
著者名高橋 英光
村橋 一彦
武智 広
ほか2名
書誌名日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ26巻・ 4号, p.371-375(2001-11)ISSN03851559
全文表示PDFファイル (437KB) 
抄録アセタミプリド錠剤の各種土壌施用法によるキュウリ寄生ワタアブラムシに対する効力を粒剤と比較検討した。錠剤(0.15g中アセタミプリド20mg含む)l錠/株及び2%徐放性粒剤1g/株の植え穴中心部処理では処理28日後までワタアブラムシを低密度に抑えて、粒剤を植え穴に均一に処理した場合と同様に高い効力を示した。錠剤と粒剤の土壌表面処理では、株元から処理位置が5、10、20cmにおける効力を比較したところ、両製剤とも距離が短いほど効力が高く、この傾向は錠剤でより強かった。錠剤の育苗ポット株元処理と植え穴処理を比較検討したところ、植え穴処理と同様に優れた効力を示し、錠剤は薬剤を株元近くに処理する育苗ポッ1・施用に適していた。次に、アセタミプリド20mgを含有する0.15、0.3及び0.6gの錠剤を用いて植え穴処理および土壌表面処理による効力を調べたが、植え穴処理は錠剤が大きくなると残効性が優れ、土壌表面処理は逆の傾向が認められた。これらの結果から、錠剤は粒剤の効力および処理方法を改良できる可能性がbると判断された。
索引語殺虫剤;キュウリ;アブラムシ科;効果;剤型;施用;有機塩素化合物;害虫防除
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat