エチレン除去装置の性能評価方法

エチレン除去装置の性能評価方法

レコードナンバー640646論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00016464NACSIS書誌IDAA11178236
著者名山下 市二
書誌名日本食品保蔵科学会誌
別誌名日本食品保蔵科学会誌
発行元日本食品保蔵科学会
巻号,ページ27巻・ 5号, p.277-281(2001-10)ISSN13441213
全文表示PDFファイル (474KB) 
抄録エチレン除去装置の性能評価方法を検討するため、塩化パラジウム活性炭フィルターとブロワーでプロトタイプのエチレン除去装置を4台製作した。気密性プレハブ冷蔵庫(3℃)内にエチレンを13ppmになるように封入し、除去装置によるエチレン減少速度を測定したところ、除去装置の台数増加に伴いエチレン減少速度が速くなったことから、この方法でエチレン除去速度を評価できることが解った。また、冷蔵庫に1%エチレンを2ml/分の流量で8時間連続的に供給し、エチレン蓄積速度を比較したところ、除去装置の台数増加に応じてエチレン蓄積が抑制されたことから、この方法は装置のエチレン蓄積抑制効果の評価に利用できると考えられた。 次に、プロトタイプ装置の5倍量のフィルターを用いて実用型エチレン除去装置を試作した。エチレン除去速度と蓄積抑制効果を評価し、満足すべき性能を有することが解ったので、流通・出荷調整を想定した7日間の試験およびミニトマトの追熟抑制試験によって、装置のエチレン除去効果を確認した。
索引語エチレン;装置;性能;評価
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat