心拍数から推定した熱産生量による放牧育成牛群のエネルギー収支の解析方法の検討

心拍数から推定した熱産生量による放牧育成牛群のエネルギー収支の解析方法の検討

レコードナンバー640729論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005663NACSIS書誌IDAN00195188
著者名安藤 哲
大槻 和夫
書誌名日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science
別誌名日本畜産学会報
日本畜産学会報
Nihon chikusan gakkaiho
Animal science journal
Animal science and technology
発行元Zootechnical Science Society of Japan
巻号,ページ72巻・ 10号, p.579-586(2001-10)ISSN1346907X
全文表示
抄録ホルスタイン種育成雌牛の放牧時のエネルギー収支の解析方法について検討した。牧草の刈り取り前後差法と補助飼料より代謝エネルギー摂取量(MEI)を、放牧地での日増体量(DG)よりNRCの式を用いて増体に要した正味エネルギー量(NEg)を、放牧地での心拍数(HR)より、トレッドミル上で求めた熱産生量(HP)の心拍数(HR)に対する回帰式を用いてHPを求め、MEI=HP+NEgが成り立つかどうかで、エネルギー収支を検討した。4回の放牧試験でのMEIに対するHP+NEgの割合は、95.2、101.8、98.9、111.8%であり、DGがプラスの3回については、おおむねMEI=HP+NEgが成り立ち、回帰式より推定したHPを用いてエネルギー収支の解析ができると考えられた。一方、DGがマイナスの条件下ではNEgの算出は困難であり、MEIとHP+NEgの差も大きかった。放牧で本法を用いてエネルギー収支の解析を行うためには、NEg算出の基となるDGの測定期間中に採食量が極端に変動しないことが必要であると考えられた。
索引語ウシ;放牧;育成;エネルギー;収支;解析;心拍
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat