水田除草剤が水稲種子根の伸長に及ぼす影響

水田除草剤が水稲種子根の伸長に及ぼす影響

レコードナンバー640830論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20003018NACSIS書誌IDAA11581705
著者名望月 俊宏
村木 清
魏 暁麗
書誌名九州大学農学部農場研究報告 = Bulletin of the Kyushu University Farm
別誌名農場研究報告
発行元九州大学農学部附属農場
巻号,ページ10号, p.19-24(2001-08)ISSN13465643
全文表示PDFファイル (732KB) 
抄録水田除草剤が水稲の根に及ぼす影響を正確かつ簡便に評価するため、種子根が均一に伸長した幼苗を用いる方法を考案し、培養液の濃度、温度条件および培養期間について検討した。さらにこの方法を用い、北部九州において使用されている主要な除草剤を評価した。その結果、培養液にセーレンゼンの燐酸塩緩衝液10倍液を用い、温度25℃で5日間培養するのが適当であると考えられた。この条件下で23種類の除草剤を検定したところ、ほとんどの除草剤において幼芽長と冠根数は標準液の10-1以下の濃度では抑制がみられなかったのに対し、種子根長は10-1以下の濃度でも抑制された。種子根長を抑制する濃度は薬剤間で異なり、標準濃度でも全く抑制しなかったのが1剤、標準濃度にのみ抑制が認められたのが1剤、10-1濃度以上が4剤、10-2濃度以上が11剤、10-3濃度以上が4剤で、2剤には10-4濃度でも有意差が認められた。
索引語水田;除草剤;水稲;根;伸長
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat