若ウマに対するトレーニング効果がフィールド運動における赤血球膜浸透圧脆弱性の変動に及ぼす影響

若ウマに対するトレーニング効果がフィールド運動における赤血球膜浸透圧脆弱性の変動に及ぼす影響

レコードナンバー640842論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
著者名半澤 惠
折原 健太郎
久保 勝義
ほか3名
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名東京農業大学農學集報
農学集報
東農大農学集報
東京農大農学集報
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
発行元東京農業大学
巻号,ページ46巻・ 1号, p.41-47(2001-06)ISSN03759202
全文表示
抄録2歳のサラブレッドを有酸素トレーニング群(GrouP Aer)および無酸素トレーニング群(Group Ana)に分け、トレーニングの違いがフィールド運動負荷時の赤血球膜浸透圧脆弱性の変動に及ぼす影響を調査した。両Group共に、フィールドでの有酸素運動は赤血球膜脆弱性を抑制し、逆に無酸素運動負荷は赤血球膜脆弱性を亢進した。また、両Groupの無酸素運動負荷時の運動能力には差異は認められなかった。GrouP Anaの有酸素運動負荷時のRHLはRVと明確な相関を見せず、一方、LAと有意な負の相関を示したが、Group Aerの有酸素運動負荷時のRHLはRVと有意な正の相関を示し、LAと相関が認められなかった。Group AnaはGrouP Aerに比べて、有酸素運動負荷時には有酸素呼吸能が高いものとも考えられる。したがって無酸素トレーニングは、有酸素運動能を改善したことが確認された。また、赤血球膜浸透圧脆弱性は、トレーニング効果を判定する有効な指標となりうろことが明確になった。
索引語ウマ;運動;赤血球;浸透圧;効果;膜;酸素
引用文献数25
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat