四倍体ブドウの無核化に及ぼすストレプトマイシンとジベレリン処理の効果

四倍体ブドウの無核化に及ぼすストレプトマイシンとジベレリン処理の効果

レコードナンバー640851論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005635NACSIS書誌IDAN00164184
著者名石川 一憲
高橋 久光
加藤 弘昭
ほか1名
書誌名東京農業大学農学集報
別誌名Journal of agriculture science, Tokyo University of Agriculture
Journal of agricultural science, Tokyo Nogyo Daigaku
東京農大農学集報
東農大農学集報
農学集報
東京農業大学農學集報
発行元東京農業大学
巻号,ページ46巻・ 2号, p.99-104(2001-09)ISSN03759202
全文表示PDFファイル (987KB) 
抄録四倍体ブドウ‘藤稔’、‘巨峰’を用いて、SMの処理時期と処理濃度の違いが無核果率、果房形状、果実品質に及ぼす影響について検討した。 1)満開18日前から満開までのSM処理時期の違いでは、処理が早いほど無核果率が高かった。また、両品種とも満開18日前のSM処理と果房整形を行うことで幼蕾の脱粒、いわゆる花振いを防止することができた。 2)SM67、100、200ppmの処理濃度の違いで第1果房では無核果率に相違がみられず、また、第2果房でも満開18日前にSM処理すれば、ほぼ完全な無核果率が達成できた。 3)開花直前に花穂先端から3.5cmだけの花蕾に整形すると、SM200ppm処理と満開時のGA25ppmと満開11日後のGA25ppm処理により、収穫果房や果実品質が著しく損なわれることはなく、商品性のあるテーブルブドウの果房が得られた。
索引語ブドウ;倍数体;抗生物質;ジベレリン;種子
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat