超高圧解凍が豚骨格筋に及ぼす影響

超高圧解凍が豚骨格筋に及ぼす影響

レコードナンバー641035論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名岡本 明
鈴木 敦士
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ48巻・ 12号, p.891-898(2001-12)ISSN1341027X
全文表示
抄録凍結豚肉を高圧解凍した際に生じるドリップ量、外観、テクスチャーおよび筋原線維蛋白質の変化を研究した。 (1)豚肉の外観およびテクスチャーへの影響 解凍時に高圧力を荷すことによって、豚肉のドリップ量を減少させる、すなわち保水性を向上することができる。また、豚肉を軟化させることも可能であった。しかし、200MPa以上の高圧処理では処理圧力間で軟化効果にあまり違いが見られないこと、それに加えて外観の変化(特に肉色)などから、200MPaの高圧解凍が適当だと考えられる。さらに、高圧解凍は長時間加熱を伴う加工品よりも、生ハムやローストビーフ、タタキなどの比較的加熱時間の短い生に近いまたは半加熱食肉製品に適していると考えられる。 (2)微細構造および筋原線維蛋白質への影響 高圧解凍によって筋原線維は圧力の増加に伴って大きな構造破壊を受けた。筋原線維は通常の高圧処理のように圧力の増加に依存して小片化が進むのではなく、ある粒径(大きさ、長さ)に筋原線維長の分布が収斂していくことが分かった。また、筋原線維蛋白質のSDS-PAGEにおいても、コントロールには見られない新たなバンドが出現した。これらの変化は、200MPa以上の高圧処理で生じた。
索引語豚肉;圧力;解凍;テクスチャー;タンパク質
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat