日本海の浅海岩礁域で優占する植食性巻貝3種の日周行動

日本海の浅海岩礁域で優占する植食性巻貝3種の日周行動

レコードナンバー641187論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名伊藤 祐子
林 育夫
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ67巻・ 6号, p.1089-1095(2001-11)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (622KB) 
抄録日本海の浅海岩礁域で優占する植食性巻貝3種、サザエ、オオコシダカガンガラ、ウラウズガイの日周行動を、実験室内で超高感度テレビカメラを用いて観察した。前2種は夜行性を示し、それぞれ8~11cm/minおよび2~5cm/minの速度で移動し、24時間あたりの移動距離は37~39m、5~13m、移動時間は7および3~6時間であった。ウラウズガイでは前2種のような顕著な日周リズムはみられず、速度、移動距離、移動時間とも前2種より少なく、不活発であった。このような行動特性を捕食者との関係で論議した。
索引語腹足綱;日本海;浅海;岩石;食性;日周;行動;ビデオ
引用文献数17
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat