ハイブリドーマHB4C5細胞の増殖および抗体生産性におよぼすポリアミン類の効果

ハイブリドーマHB4C5細胞の増殖および抗体生産性におよぼすポリアミン類の効果

レコードナンバー641235論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014318NACSIS書誌IDAN00024924
著者名菅原 卓也
書誌名愛媛大学農学部紀要 = Memoirs of the College of Agriculture, Ehime University
別誌名Memoirs of the Faculty of Agriculture, Ehime University
発行元愛媛大学農学部
巻号,ページ46巻・ p.27-33(2001-09)ISSN04246829
全文表示PDFファイル (861KB) 
抄録ポリアミン類のうち、プトレッシン、スペルミジン、テルミン、トリエチレンテトラアミン(TETA)をそれぞれ添加したITES-ERDF培地でヒト型ハイブリドーマHB4C5細胞の培養を行い、その抗体産生に及ぼすポリアミン類の効果を6時間の培養時間において検討した。その結果、プトレッシンを除く3種に抗体産生促進活性が確認された。活性が認められたポリアミンについて細胞増殖、及び抗体の生産性への影響を5日間にわたって検討したところ、スペルミシン、テルミンには抗体生産性の増強効果が認められた。さらに、テルミン添加によりHB4C5細胞の細胞内抗体量の増加が認められ、抗体の生合成が活性化されていると推察された。
索引語リンパ球;抗体;プラズマ細胞;免疫
引用文献数21
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat