児島湖底土の飽和透水係数に及ぼす土壌溶液pHの影響

児島湖底土の飽和透水係数に及ぼす土壌溶液pHの影響

レコードナンバー641469論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015250NACSIS書誌IDAN00201203
著者名石黒 宗秀
岩元 亮一
石田 智之
ほか1名
書誌名農業土木学会論文集
別誌名Transactions of the Agricultural Engineering Society, Japan
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering
農土論集
発行元農業土木学会
巻号,ページ216号, p.65-70(2001-12)ISSN03872335
全文表示
抄録湖沼過栄養化の一因となる湖沼底土を利用するためには、その目的に合った透水性が要求される。本研究では、非膨潤性の層状粘土鉱物を含む児島湖底土を用いて、その飽和透水係数を測定し、飽和透水特性を実験的に明らかにした。Caを吸着した土壌試料では、浸透溶液濃度が低下しても透水係数の低下は小さい。特に、pH11のCa吸着試料では、その変化は小さかった。これは、土粒子と水酸化カルシウムの化学反応により構造が安定化したためと考えられる。一方、Naを吸着した試料では、pH5では透水係数の低下は小さいが、pHが上昇するに従いその低下は著しくなった。この結果は、粘土鉱物の荷電特性と拡散二重層理論により説明できた。
索引語湖沼;水底;透水係数;pH;岡山県;土壌溶液;カルシウム;ナトリウム;分散;粘土鉱物
引用文献数7
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat