胸椎に発生した骨軟骨腫により脊髄の圧迫障害を呈した若齢犬の1例

胸椎に発生した骨軟骨腫により脊髄の圧迫障害を呈した若齢犬の1例

レコードナンバー641486論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011620NACSIS書誌IDAN10158155
著者名三輪 恭嗣
西村 亮平
佐々木 伸雄
ほか1名
書誌名獣医麻酔外科学雑誌
発行元獣医麻酔外科学会
巻号,ページ32巻・ 3-4号, p.67-74(2001-07)ISSN09165908
外部リンク
全文表示
抄録7ヵ月齢のミニチュアダックスフントが後躯麻痺を主訴に来院した。MRI等の検査の結果、胸椎に発生した骨軟骨腫による脊髄圧迫が原因と判断した。その後、進行性の喉頭麻痺がみられ、これらの症状も同腫瘤による脊髄圧迫が原因と推測し同腫瘤の緊急摘出術を行ったところ全身状態の速やかな改善が認められた。脊椎に生じる骨軟骨腫は若齢犬にみられる神経症状の鑑別診断の一つとなること、このような症例でのMRI検査の有用性を再確認した。
索引語イヌ;骨;腫瘍;胸部
引用文献数19
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat