腹囲膨満発育不良豚に認められた直腸狭窄症

腹囲膨満発育不良豚に認められた直腸狭窄症

レコードナンバー641530論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名牧野 美紀
大塚 孝康
板屋 民子
ほか4名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ54巻・ 12号, p.937-941(2001-12)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (2857KB) 
抄録腹囲膨満を呈した発育不良豚4例で認められた直腸狭窄症について、その発生過程を病理組織学的に検討するとともにサルモネラの分離を試みた。生後数週齢で発症する激しい腸炎の結果、直腸の動脈が障害され(一部では血栓が形成される)、その下流域での血液供給が不十分になり、この部における再生が不完全となる。その結果、直腸壁は線維化し輪状に収縮して、狭窄に至ったと考えられた。今回の症例から、サルモネラは分離されなかった。
索引語ブタ;腹部;腸;疾病
引用文献数12
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat