Landsat TMデータを用いた落葉広葉樹天然林における葉面積指数の推定

Landsat TMデータを用いた落葉広葉樹天然林における葉面積指数の推定

レコードナンバー641570論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015842NACSIS書誌IDAN00198561
著者名星 直弥
龍原 哲
阿部 信行
書誌名日本林學會誌 = Journal of the Japanese Forestry Society
別誌名日本林学会誌
発行元日本林學會
巻号,ページ83巻・ 4号, p.315-321(2001-11)ISSN0021485X
全文表示PDFファイル (869KB) 
抄録本研究ではLandsat-5 TMデータを用いて落葉広葉樹天然林における葉面積指数(LAI)の推定を試みた。新潟県滝首湿原流域、日尊の倉山流域で落葉広葉樹天然林のLAIをリタートラップ法により測定した。LAIの実測値とLandsat-5 TMデータから得られる各バンドの輝度値、タッセルドキャップの概念のBrightness, Wetness, Greenness、正規化植生指数(NDVI)、比植生指数(RVI)との関係を調べた結果、NDVIと最も高い相関を示した。指数式でLAIとNDVIとの関係を表した結果、標準誤差率は6.6%であった。さらに、LAIと葉乾重量の一次回帰式を求めた。二つの式を用いてNDVIから推定した葉乾重量と実測値との相関係数は0.576、有意水準1%で有意であった。LAI-NDVI関係式を適用して、研究対象地におけるLAI分布図を作成した。LAIの平均値は滝首湿原流域で4.15、日尊の倉山流域で5.00であった。
索引語葉面積;広葉樹;天然林;テレメトリー;人工衛星;推定
引用文献数24
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat