アカエゾマツ産地系統別植栽地にみられた枝枯れ・針葉黄変被害の母樹系統間差異

アカエゾマツ産地系統別植栽地にみられた枝枯れ・針葉黄変被害の母樹系統間差異

レコードナンバー641575論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015842NACSIS書誌IDAN00198561
著者名門松 昌彦
金子 潔
有倉 清美
ほか2名
書誌名日本林學會誌 = Journal of the Japanese Forestry Society
別誌名日本林学会誌
発行元日本林學會
巻号,ページ83巻・ 4号, p.347-350(2001-11)ISSN0021485X
全文表示PDFファイル (559KB) 
抄録林齢11年のアカエゾマツ産地系統別植栽地において病虫害と気象害の複合被害と思われる枝枯れ、針葉黄変が発生した。植栽木の被害程度と樹高を調べ、この被害に対する産地系統変異を検討した。植栽地全体としては、被害程度が激しい個体ほど樹高が低い傾向にあった。一方、被害程度は母樹系統によっても異なっていた。その要因が樹高にあるかどうかを検討したところ、平均樹高と被害程度とに関係がない系統がいくつかみられた。被害原因の特定は今後の課題であるが、本被害に対する感受性系統が存在する可能性が示唆された。なお、産地内系統間で被害程度の差異が大きく、産地と被害との関係は明瞭ではなかった。
索引語トウヒ属;樹病;系統差;病虫害;幼樹;産地
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat